結婚祝いに相応しくなものをちゃんと知っておこう!

身内や友人などが結婚した時には贈り物を渡すという人が多いはずです。
非常におめでたい事ですので、結婚祝いを渡す時にはそれにふさわしいものを贈らなければなりません。相応しいものとしては、ペアの食器類や白を基調とした雑貨などです。その中でも「サムシングブルー」というカラーのグッズを贈っている人が多いです。このカラーは幸福を意味するものなので、結婚祝いのプレゼントとしてはとても好ましいものなのです。幸せの青い鳥と同じで、サムシングブルーのペア食器を贈っている人が増えています。新婚生活を始めるにあたり食器をもらえるのは有難い事ですし、幸福をイメージするカラーなのでいつまでも幸福が続きますようにという願いも込められていておすすめ。ただ、注意したいのは「サムシングブルー」といってもそのカラーに若干違いがあるという点です。通販サイトの場合は、じっくり確認をしましょう。


【結婚祝いで渡してはいけないものとは?】

贈り物として相応しいものがどのようなものであるのか知ることが出来たと思います。
今度はその逆で、結婚祝いのプレゼントとして相応しくないものを紹介します。皆さんの中にはすでに知っているという人もいるかもしれませんが、相応しくないのは刃物や割れ物です。例えば、ハサミやナイフ・包丁・鏡・陶器などが該当します。新生活を始めるにあたり結婚祝いとして贈ってしまう人も稀にいるようですが、これらは良くありません。結婚祝いを贈る際には、必ずどのような商品なら贈ることが出来るのか色々検索してチェックしてから選ぶようにした方が良いですね。長い付き合いの為とても親しい間柄で相手が希望したとかであれば、これらの物を贈っても問題はありません。ただ、会社の人へ贈るときなどには絶対に避けるようにしましょう。


【勘違いされがちなモノ】

そして、もう一つ覚えておきたいことがあります。
結婚祝いに「植木鉢」・「フクロウ」などを贈る人がいて、それは良くない事だと言っている人が多くいます。しかし、実際には贈ったらいけないという決まりはないのです。植物関係は今後幸福を根付かせていくという意味合いがありますので、決して悪い物ではありません。観葉植物も同じく結婚祝いに贈っても何ら問題はありませんので安心して下さい。「フクロウ」のグッズを贈ることも悪くないです。不苦労=苦労しないという意味が込められていることから、結婚祝いにプレゼントしても問題ないのです。これらのものは結婚祝いとして相応しくないと思われがちですが、そうではないので間違えないようにしましょう。やはり、贈る前には失礼にあたらないかネットで検索して答えを見つけておくことが大事ですね。

結婚祝いで二人の生活を彩る

結婚祝いと聞いて何を思い浮かべるでしょうか。
奥さんが使いやすい、家事で役立つキッチン用品?
奥さんのためのものはいろいろあるかもしれません。ですが問題は、今回選ぶべきなのは二人のために選ぶプレゼントだということ。
二人の結婚生活を明るく彩るための、生活の中で役立てることができるものを探してプレゼントすることが重要であり、大切です。
二人の門出を祝うために、今後の二人の生活をより便利に素晴らしいものにしてもらうためのものを贈ることができるのかどうか。勝負の分かれ目はそこです。
贈った後も気が抜けません。プレゼントを使ってもらっているのか、使い心地はどうか…。アフターサービスも欠かせないところです。


結婚祝いは二人の生活を華やかにするものを

結婚祝いに贈るものを飾るものにしてみてはどうでしょう。実用的なプレゼントももちろんいいですが、結婚祝いでリビングを飾ってもらって、二人の生活を華やかにしてもらえば、それで贈ったこっちのことも意識してもらえて、良いことばかりです。
二人の関係を良好にしてもらって、それで家事を助けることも良いですが、二人の生活を彩り華やかに。できれば生活外でもときたま意識してもらえるような、そんな贈り物を。

付き合い上の相手への結婚祝いについて

少し寂しい話題になるが、あまり話をしたことが無い相手でも、付き合い上結婚祝いとしてプレゼントを贈る時がある。お祝いをしたいという気持ちはあるが、どのような人であるのかもわからない上にあまり冗談を言える相手でも無い場合は、かなり困ることになる。そこで今回は、あまり親しくない相手に対する結婚祝いのプレゼントについて紹介したい。


■結婚祝いとして金券を贈る

実は結婚祝いとしてもらいたいプレゼント第一位は、金券系だそうだ。せつないと思われる方も多いかもしれないが、やはり金券は自由度が高く、本人の趣味に関わらず用意することが出来るため重宝されているようだ。昔は簡単で相手に対して失礼であるという風潮も見受けられたが、現在は実用性重視であるため、逆に感謝されるケースが大半である。


■ブリザーブドフラワーを結婚祝いとして贈る

ブリザーブドフラワーとは、生きた花を色落ちしないよう加工し、ほぼ半永久的に枯れないようにしたインテリアである。ドライフラワーと違い色落ちも無く、まるで生きているかのような質感のまま楽しむことが出来る。大きさも値段も様々で、予算に応じた商品を選ぶことが出来る。生きた花をそのまま花束としてプレゼントするのも良いが、枯れやすく、長持ちもしないためオススメしない。

たとえあまり親しくない相手であっても、結婚で新たな一歩を踏み出す相手に結婚祝いを贈るというのはその人にとっても自分にとっても暖かい気持ちになる行為である。無難なものをプレゼントとして選ぶのも良いが、一言メッセージを添えることで、より華やかなプレゼントになるだろう。

結婚式前の新婦へ贈る結婚祝いについて

結婚の前祝いとして、仲間で集まってパーティーをする方も多いだろう。これから新婦になる身としては、とてつもない緊張と不安がいれ混じる中で気の合う仲間と合うことで、心にゆとりが持てる大切な時間である。せっかくの場であるから、結婚祝いとしてプレゼントを用意するのも良いだろう。そこで今回は、結婚前の新婦に贈るプレゼントについて紹介したい。


■結婚祝いとして食品は贈らない

結婚前の新婦は何かとデリケートである。美しいドレスを着るためにダイエットをしたりエステに行ったり、一生に一度輝く時だからこそ、自分に磨きをかけたいのである。そんな時に仲間から甘いものをもらってしまっては、食べない訳にもいかず、困ってしまうだろう。結婚祝いとしてまずは軽めに居酒屋など、場所については本人も承知の上なのだから良いとして、プレゼントする内容については少し気をつけてみよう。


■これから主婦になるということを念頭にプレゼントを考える

結婚前はまだ独身であるが、結婚後は夫婦、妻としての役割が待っている。これから来る家事や育児の日々が少しでも楽になるように、家で使うものをプレゼントすることをオススメしたい。育児用品系もキッチン用品系も趣味が合わないと難しいと思うかもしれないが、小さい子は物で遊んで壊しながら学ぶし、キッチン用品は油ハネなどで消耗しやすい。その友人に合うデザインが分かるに越したことはないが、分からなければ機能を重視してプレゼントを選ぶと良いだろう。

もう少しで結婚式だという心持ちでいる新婦に、少しでも安らぐ時間を持ってもらえるよう、結婚前のお祝いでちょっとしたプレゼントを用意することをオススメする。

自分が欠席した結婚式当日の結婚祝いについて

結婚式の招待状が届いても、どうしても行くことが出来ない事情がある人もいる。せっかく招待してくれたのに申し訳ないが、涙を飲んで欠席の返事をした人もいるだろう。そんな時にオススメなのが、当日の結婚祝いについてである。その場に行ってお祝いを言えない場合でも、ちょっとした工夫で結婚式当日にお祝いという形でプレゼントを贈ることが出来る。


■直接結婚式場に結婚祝いのプレゼントを贈る

式場となっているホテルの名前や両家の名前、式の日付と時間がわかれば贈ることが出来るプレゼント。ここで一つ問題なのが、当日は忙しいということである。新郎新婦共に過密なスケジュールのもと動いているため、プレゼントとして何かを贈る場合は、小さくて持ち運びやすいものをオススメする。ブリサーブドフラワーにカードを添えるなど、軽くてあまり嵩張らないものを結婚祝いとしてプレゼントしてみよう。


■結婚祝いの電報を当日に送る

プレゼントを用意する時間がない場合は、電報を贈るという方法もある。今は様々な種類の祝電がある。女性に嬉しい可愛いデザインの電報やシンデレラのガラスの靴のデザインの電報、ぬいぐるみがメッセージをくれる電報もある。当日やむを得ない事情で欠席の返事を出した方は、遠方からでもお祝いを言うことが出来る電報をオススメする。

当日にちょっとしたサプライズをすることで、結婚式に花を添えることが出来る。後日に結婚祝いのプレゼントをするのも良いが、まずは欠席してしまったことについての謝罪も込めて、当日にプレゼントを贈ってみよう。

結婚祝いにホームパーティーをしてみよう

友人から結婚の報告が届くと、まず考えたいと思うのが結婚祝いについてである。物を贈るという手もあるが、せっかくなら自分にした出来ない形でお祝いをしてあげたい。そこで今回は、ちょっと変わったホームパーティーでの結婚祝いの方法について紹介したい。


■手料理が結婚祝いのプレゼントになる

物だけがプレゼントではない。心のこもった手料理は、心に響くプレゼントになる。ホームパーティーを計画する際は、相手が食べられないものをリサーチしておく必要がある。アレルギーや嫌いなものを考慮しよう。次に大切なのが料理の設定である。レストランに行って参考にしてもいいが、インターネットでも様々なホームパーティーのレシピが掲載されているので、チェックしてみよう。コースとして出していくのも結婚祝いという感じがするが、それでは相手が遠慮してしまうので、一緒に席につける形式か、ビュッフェ形式が望ましい。


■気兼ねない空間で結婚祝いの演出を

ホームパーティーの最大の利点は、他人がいない空間で自由に出来るということである。結婚祝いとして招いた友人と仲の良い仲間たちだけの空間。お店では出来ない個性的な演出をしてみよう。飾り付けや、席の配置、ケーキの準備など、自宅ならではの自由なお祝い方法を楽しむことが出来る。近所迷惑にならなければ、多少騒いでも問題ない。結婚した二人に最高の思い出をプレゼントしよう。

結婚祝いのプレゼントは様々なものがあるが、ホームパーティーで結婚祝いをすることはなかなか珍しいと思う。二人が末永く幸せになれるよう、素敵な空間をプレゼントしよう。

親しい人への結婚祝いのプレゼント選び

プレゼントを選ぶ時、皆さんは何を基準に選ぶだろうか。結婚とは人生の一大イベントである。思い出に残る結婚祝いのプレゼントとなると、なかなか難しい。そこで今回は結婚祝いのプレゼントをどうやって選ぶか、その方法について考えてみよう。


■自分がもらって喜ぶプレゼントを結婚祝いに贈る

相手が喜ぶことを考えるのは大切だが、相手は何が欲しいのかを考えてしまうと、答えが出ない問題に惑わされ、時間だけが過ぎてしまう。まずは予算を決めて、自分だったら何が欲しいのかリストアップしてみよう。結婚祝いというのだから、二人で使うものがいいかもしれないと考えたとしたら、それを使うシーンで絞り込んでみる。最初のリストアップは自分基準、絞込みは相手基準で考えていくと、様々なプレゼント用品が見えてくる。


■親しい仲だからこそ、趣味のものを結婚祝いに贈る

普段から仲良くしている相手であるため、趣味などの情報は頭に入っていると思う。もし知らないのであれば、さりげなく聞いてみよう。もし趣味が車であるならば、結婚祝いとしたらオリジナルのカー用品などが良いかもしれない。名前入りのものなどを用意すると、記念にもなるだろう。車好きはデザインにもこだわるため、なかなかプレゼントを選べないと思うが、最近はカー用品の便利グッズも取り揃っている。結婚祝いとして二人で使えるものを選んであげると良いだろう。

趣味のものを結婚祝いとして贈るのは、少し冒険に聞こえるかもしれない。だが親しい仲だからこそ、ちょっとしたジョークも取り入れることが出来るのではないだろうか。結婚祝いは結婚式に渡す訳でもないので、少し気楽に考えてみてもいいかもしれない。